風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 星野JAPAN

<<   作成日時 : 2008/08/30 08:23   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

北京オリンピックは、平和の祭典とは程遠い前代未聞のメチャクチャなオリンピックだった。

中国側は「史上最高のオリンピックだった」なんて自画自賛だけど、中国政府のやってきたことがあまりにメチャクチャで話にならない。他のオリンピックだってたくさん問題点があったんだろうけど、今回の場合、四川省の大地震であれだけの被害が出ている上、あの会場を作るためにたくさんの人たちを強制移住させた上に、食べ物、民族問題などあまりにも時期尚早だったとしか思えない。

ただ、このオリンピックのために頑張ってきた選手にはきちんと賞賛はしないといけない。

話は変わって、今日の本題。

北京オリンピックでの野球では、日本は散々な結果で4位に終わった。星野仙一がボロクソに非難されてるけど、そのとおりだと思っている。

なんせ、星野監督が選んだ人間を太平洋戦争時の軍隊召集のように連れて行って、好きなように使ってこんな短期間で何人も壊してきたわけで、ファンからすればメダルを取れなかったどころか一体何しに北京に行ったのかって思ってしまう。

ソフトバンクの川崎 左足第2中足骨の疲労骨折で今季絶望
阪神の新井     第5腰椎の疲労骨折で今季絶望

それだけではない。

調子の悪くて打たれていた岩瀬を韓国戦の同点の場面で使って試合を壊してしまい、この試合だけのために今まで積み重ねてきた守護神としての実績が壊されたわけだし、GG佐藤にしたって慣れてないレフトで大事な場面でのエラーを何度もしてしまってボロクソに叩かれるし、各球団の関係者やファンは怒り心頭だろう。

岩瀬もGG佐藤もペナントレースに戻った途端普段どおりの働きをしてるんだから、使い方が悪かったとしかいいようがない。

また、一人のダルビッシュのファンとして言いたい。

今回の選考時に、星野監督は「日本のエース」と言っていたけど、ずっと嫌だったし、ダルビッシュを過剰評価してしいる周りが嫌だった。

ダルビッシュはまだ4年目であり、実力を発揮し始めたばかりの選手だ。松坂にはまだまだ及ばないと思っているし、上原みたいに国際舞台で力を発揮しているわけでもない。ダルビッシュより実績のある投手のほうが多い。

今回の収穫だったのは、予選のキューバ戦で不甲斐ないピッチングをしたことで「日本のエース」という過剰評価が取れてくれたこと、星野に気に入られなかったことだろう。


星野に気に入られていたらたまらない。だって、次回の監督が星野だったら、好きなように使われて壊されるかもしれない。

WBCの監督が星野だったら、進んで辞退してほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ダルビッシュ ぼうず
松坂とダルビッシュ・・・松坂とダルビッシュ・・・西武時代の松坂と現在のダルビッシュはどちらが凄いでしょうか?お互いの投げ合いが見たかったです松坂とダルビッシュ・・・ ダ... ...続きを見る
ニュースな毎日
2008/08/31 14:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
星野JAPAN 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる