風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS ついに悪質な勧誘で有名なグローバルトリニティが新聞記事に掲載

<<   作成日時 : 2008/06/25 12:10   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

当ブログでは大学生向け英会話スクール「グローバルトリニティー」のことを何度も取り上げてきた。それは大学生時代にグローバルトリニティーの前身である「トリニティーアカデミー」の勧誘員からひどい暴言を吐かれ、そのフラッシュバックに苦しみ続けたためだ。同様の運営形式で同様の勧誘をしてきた大学生向け英会話スクール「ウィンザード総合学院」「ラドインターナショナルカレッジ」が倒産したのに、昔からずっと悪質な勧誘をしてきたグローバルトリニティがなぜつぶれないのか不思議で仕方がない。

しかし、そのグローバルトリニティーにもXデーが近づこうとしている。それはついにグローバルトリニティーの悪質な勧誘について新聞記事になったからだ。

 大都市圏で展開する英会話スクール「グローバルトリニティー」が不当な勧誘をしているとして、大阪市の特定非営利活動法人(NPO法人)「消費者支援機構関西」は24日、運営会社のフォートレスジャパン(東京)に申し入れ書を送付した。
 同機構関西は、消費者団体訴訟制度に基づき政府が認定した適格消費者団体の1つ。申し入れ書が届いてから1週間後に、不当勧誘を差し止める訴訟を提訴できる。
 同機構関西によると、グローバルトリニティーは仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の5校。大学生らに「大人なんだから自分の意思で決断できるでしょ」などと契約を迫り、締結するまで帰さない不当な勧誘をしているという。
 


http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080624/crm0806241344020-n1.htm

1週間後に消費者支援機構関西が、不当勧誘を差し止める訴訟提訴するのだろうか?


参考までに、消費者支援機構関西の記事

http://www.kc-s.or.jp/report/report1/2007/0404.html

運営会社フォートレスジャパンのうたい文句

「即戦力」を必要とされる社会。学生のうちに必要とされるさまざまなスキルを身につけようとする人が急増しています。特に、英会話を含む「コミュニケーション能力」は必須科目と言われています。
14年間、学生だけを対象に教えてきたグローバルトリニティー独自のノウハウが、今、前向きな「学生たち」から広く求められています。


http://www.fortressjapan.co.jp/service/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ついに悪質な勧誘で有名なグローバルトリニティが新聞記事に掲載 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる