風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 忠誠心って・・・三国志のシミュレーションゲームのやりすぎだろ?

<<   作成日時 : 2007/02/19 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

「忠誠心」と聞いて、テレビゲームの三国志の武将のステータスを思い出したんだけど、なぜ忠誠心を強制させる必要があるんだろう?忠誠心って言う言葉自体、三国志のゲーム以外で聞いたことがないし、やたら時代遅れの言葉だと思う。このオヤジ、発想が古すぎて気持ち悪いよ。そもそも”忠誠心”とは、能力や魅力が高い君主ならば言われなくとも部下達は慕っているはずなんだけど、どうだろう?

「安倍晋三首相が(閣議で)入室したときに起立できない、私語を慎めない政治家は美しい国づくり内閣にふさわしくない」。自民党の中川秀直幹事長は18日、仙台市で講演し、異例の厳しい表現で政権内の緊張感欠如に苦言を呈した。
 中川氏は「閣僚、官僚のスタッフには首相に対して絶対的な忠誠、自己犠牲の精神が求められる。首相の当選回数や、かつて仲良しグループだったかどうかは関係ない」と強調した。
 閣僚の相次ぐ失言や、正副官房長官、首相補佐官らの連携不足が首相の指導力発揮を妨げているとの党内の懸念を代弁した形だが、中川氏のボルテージは上がる一方。「自分が目立つことを最優先する政治家や、野党の追及が怖くて改革を進められない政治家は、内閣・首相官邸から去るべきだ。首相を先頭に一糸乱れぬ団結で最高峰を目指すべきだ」とぶち上げた。【大場伸也


まず、”美しい国”とか言ってるけど、中川はどういう国のことを「美しい国」っていうんだろう?きちんと説明してほしいもんだ。それから「閣僚、官僚のスタッフには首相に対して絶対的な忠誠、自己犠牲の精神が求められる。」とか言ってるけど、中川秀直の本心は、国民に対しても「我々が決めたことに素直に従え」ってそう思ってんでしょ?ホワイトカラーエグゼンプションを導入して弱者から取れるものはごっそりとって一部の「セレブ」と呼ばれる人たちがおいしい思いをして、教育基本法改正して一方的な価値観を押し付ける教育をして、国家への忠誠の強要させようとしている。だからこんなこと言ってんでしょ?

この男も相当やばい発想の持ち主で、国民のことなんて見ていない。自分達のわけのわからない理想で国家を作るんじゃなくって、国民の代表で国会議員やってるんだから、国民の生活で何が困っているのかどういう問題が生じているのか、少しは現実を見たらどうなの。”国民の代表だ”ってこと忘れてるでしょ?そんなに一部の人たちだけが甘い汁を吸い続けられる国を作りたいのかこいつら。

そもそも、安倍晋三なんて小泉がパフォーマンスのためにいきなり北朝鮮に行ったときにそこでちょっとかっこつけた発言をしただけで総理になれた男だ。インタビュアーの質問にまともに答えられない国語力、小学校3年生レベルの「景気」という漢字を書けない、簡単な漢字すら読めない教養のなさ、後先考えずに殉職した警官の弔問に行く思いつきでの行動といい、ホワイトカラーエグゼンプションが少子化の解決につながると考えている想像力のなさ、統一協会に祝電を送ったことを素人に見つけられるくらいのドン臭さ、スキャンダルばかりの閣僚を選んでしまう人を見る目のなさ、どれをとっても「無能」という言葉しか思いつかない総理大臣を忠誠しろなんて言われてもできるわけないじゃん。

森以下の総理大臣なんだから”忠誠心”持つわけないじゃん。

それ以前に”忠誠心”なんて言葉が古すぎ。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戸倉多香子さんを応援しよう!
幣ブログは戸倉多香子(とくらたかこ)さんを「勝手に」応援します!ご存知の方も多いと思いますが、戸倉多香子さんは来る2007参院選に山口選挙区民主党公認候補として立候補されることが決定しています。戸倉多香子さんを何としても国会に送り込みたい。これが我々「喜八、r」&... ...続きを見る
政治・経済 メモ代わりに
2007/02/19 20:41
自民党お笑い劇場。トンビもクルリと輪を描いて逃げて行くホーイのホイ〜 (「私はいま、権力の頂点にいる...
「私はいま、権力の頂点にいる」方がなんだか尊敬されてないご様子。 この方は、《 主権在民 》という言葉を御存知ないようです。 この方のことを、あの方が、この方に対しての絶対的忠誠心、自己犠牲の精神がないと怒ってらっしゃる。自民党お笑い劇場の最たるオハナ.... ...続きを見る
晴天とら日和
2007/02/19 21:48
自民党お笑い劇場。トンビもクルリと輪を描いて逃げて行くホーイのホイ〜 (柳沢伯夫の失言続きにボクちゃ...
北海道新聞 2007年2月20日 「柳沢氏、辞めればよかった」 森氏、本音ぽろり 自民党の森喜朗元首相が十九日夜、女性を「産む機械」に例えた柳沢伯夫厚生労働相について、民主党の小沢一郎代表らにこう打ち明けた。閣僚の失言を批判する森氏だが、自らの発言の軽さも相変.... ...続きを見る
晴天とら日和
2007/02/20 22:06
「忠誠心と自己犠牲」は国民に!安倍晋三にではない!
「安倍晋三が閣議で入室した時に起立できない、私語を慎めない政治家は美しい国づくり内閣にふさわしくない」更に「首相に対して絶対的な忠誠、自己犠牲の精神が求められる。」と中川(蛙)幹事長が吼えたらしい。  本気でこういう ...続きを見る
らんきーブログ
2007/02/21 00:30
脱力の報道相次ぐ...
今回は、教育再生会議の迷走を笑いものにする記事を書こうと準備していたのだが、頑張ってまともな記事を書く気力を失わせるような情報を相次いで知ったので、簡単な記事でお茶を濁すことにする(笑)。 ...続きを見る
きまぐれな日々
2007/02/21 01:18
森喜朗氏が日本体育協会会長に再選
森喜朗森 喜朗(もり よしろう、1937年(昭和12年)7月14日 ‐ )は、日本の政治家。衆議院議員。元内閣総理大臣(第85代・第86代)。石川県能美郡根上町(現在の能美市)に、根上町長を務めた森茂喜の長男として生まれる。石川県立金沢二水高等学校時代はラグビー部のキャプテンとして活躍。 ...続きを見る
気になる言葉を辞書で調べてみました
2007/03/29 01:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
忠誠心って・・・三国志のシミュレーションゲームのやりすぎだろ? 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる