風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS アトラス設計 渡辺氏についての疑惑

<<   作成日時 : 2006/10/22 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

前から胡散臭いとオヤジだと思っていたけど、どうやらアトラス設計渡辺氏にはこんな疑惑があるようだ。まずは、アトラス渡辺氏が「一級建築士」の資格を所持しているのかどうか、聞いた人がいる。

東急不動産東急リバブル不買運動より引用

アトラス設計に電話した人のやり取りである(2006年10月20日12時50分頃)。
「アトラス設計です」
「渡辺朋幸代表が一級建築士資格を持っていないということは本当ですか」
「失礼ですが、お名前は」
「××と言います」
「会社名は」
「マスコミではありません」
「個人の方ですか」
「はい」
「しばらくお待ちください」
保留音がなり、待たされる。
「渡辺はただいま電話中で、出られません。番号をお聞かせくだされば折り返しお電話致します」
「渡辺代表が一級建築士資格を持っているかいないかということを尋ねたかったのですが、代表ご本人でなければ回答できないものなのでしょうか」
「しばらくお待ちください」
再び保留音。待たされる。
「渡辺自身は国家資格である一級建築士資格を持っていません」
「(あっさり認めたため、しばらく絶句)というと無資格で設計されたということですか」
「いいえ。設計は一級建築士が行っております」
「名義貸しということですか」
「いいえ。私、小林が常駐しております」
「小林さんというと管理一級建築士(注、小林昭代)の方ですか」
「はい、そうです」
「構造計算書は小林様のお名前で出されているということで宜しいでしょうか」
「はい」
アトラス設計は管理一級建築士・小林昭代の名前で一級建築士事務所登録している。藤田東吾が主張する通り、渡辺朋幸代表が名義借りして管理建築士として知事登録していたならば、建築士法第35条第1項4号の2に違反する。虚偽又は不正の事実に基づいて登録を受けた者をとして1年以下の懲役または30万円以下の罰金となる。


続いて、東急不動産のマンション「アルス東陽町」について、東急不動産東急リバブル不買運動のHPより引用

東急不動産のマンション「アルス東陽町」(江東区東陽一丁目、2003年分譲)の工事監理は一級建築士資格を持たない無資格の人間が担当(アトラス設計・渡辺朋幸)した。工事監理報告書では最終頁の工事監理組織欄にアトラス設計・渡辺朋幸が構造の工事監理を担当したと明記されている。工事監理組織の欄は、工事の監理体制を具体的に記入することとされている。

工事監理全般:(株)昇建築設計事務所 金井照彦
意匠担当:名倉敬
構造担当:(有)アトラス設計 渡辺朋幸

本工事監理報告書は工事監理者:(株)SHOW建築設計事務所、工事施工者:ピーエス三菱東京建築支店、建築主:東急不動産の連名で検査機関のイーホームズに提出された。イーホームズは2003年9月4日に受け付けている。
工事監理報告書表紙には「提出及び記入は、原則として工事監理者によること」と記載されている。しかし工事監理報告2頁「建築基準法第12条第3項に基づく(工事監理・工事状況)報告書」は株式会社ピーエス三菱の山下洋史・東京建築支店工事第二部所長が報告者である。山下所長は施工会社の責任者です。無資格者が構造の監理をしていた点と合わせ、監理が機能していたか疑わしい点がある。


ちなみに一級建築士の資格を持っていない渡辺氏は全国をこんな形で講演しているそうだ。

参照元はえるこみ

「マンション購入を検討中」という読者のために、6月24日(土)、「マンションの構造・選び方セミナー&モデルルーム見学会」を実施します。今、なんといっても気になるのは、構造や耐震に関して。当日前半は、テレビ・雑誌でおなじみ、「耐震強度偽装問題」の摘発者でもあるアトラス設計社長・渡辺朋幸さんの講演「マンションの構造・選び方」。その後は、オリックス・リアルエステートの注目5物件のPRタイムです。各物件の「ローン返済プラン」も会場で受け取れます(希望者は、応募時に申し込みを。世帯年収と自己資金の申告が必要です)。住宅ローンの動向など、盛りだくさん。
 さらに、バスに乗ってモデルルーム見学に出発(希望物件1カ所のみ)! 部屋のイメージや周辺環境をじっくりチェックできます。家族みんなで気軽に参加をしてみて。
 先着50人限定なので、今すぐ応募を。


追記 「アトラス設計」で検索すると、こんな情報を見つけた。

「渡辺社長も、日ごろからローコスト設計にも挑戦してきた人物だった」(高津尚悟「2006年、建築業界は「構造計算書偽造事件」からどう立ち直るか」日経BP社SAFETY JAPAN 2006年1月12日)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「引用伝播」の術 も今後強力な武器になるかもね ニンニン^^
☆今週のまとめ☆ 「耐震偽装に絡む藤田社長関連の情報」 忙しい方の為に^^; きっこのブログの時系列の日記とあわせてYouTubeにあった藤田社長の判決や首相官邸訪問の映像です。時間が許す限りゆっくり見てください。 YouTube ...続きを見る
らんきーブログ
2006/10/22 22:28
走れ!共謀罪反対!(何
昨日の歩きすぎがたたったのか 足が痛い。 夜勤大丈夫かなぁ・・・ と、思いながら。 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士様のところで 見つけてきたよ。 グリンピースが、 共謀罪反対メールを 一斉送信するフォームを作っている。 丁度送ろうかと思っていた矢先、 記事を見.. ...続きを見る
憧れの風
2006/10/23 15:26
貨幣の怖さは「主−客意識」をも破壊する超越性
●【なぜ彼ら(金融家)はあのように冷酷に成れるのか】 ...続きを見る
晴耕雨読
2006/10/23 17:28
敷居は低く 志は高く 【ブログ共闘】
昨日の選挙は両選挙区ともジミングス(自民愚衆)の勝利に終わった・・・というよりも 「あ、そうか学会」の勝利なのだろう。わかっているのかなぁ?自民が、安倍晋三が勝ったのではないのだ。いち宗教がこの国を決めつつあ& ...続きを見る
らんきーブログ
2006/10/23 21:43
無資格のアトラス設計・渡辺朋幸が工事監理
東急不動産のマンション「アルス」(江東区東陽一丁目、2003年分譲)の工事監理報告書では最終頁の工事監理組織欄にアトラス設計・渡辺朋幸が構造の工事監理を担当したと明記されています。工事監理組織の欄は、工事の監理体制を具体的に記入することとされています。 工事監理全般:(株)昇建築設計事務所 金井照彦 意匠担当:名倉敬 構造担当:(有)アトラス設計 渡辺朋幸 本工事監理報告書は工事監理者:(株)SHOW建築設計事務所、工事施工者:ピーエス三菱東京建築支店、建築主:東急不動産の連名で検査機関... ...続きを見る
東急リバブル東急不動産被害者の会
2006/10/23 22:14
有限会社アトラス設計と下河辺建築設計事務所
有限会社アトラス設計(渡辺朋幸代表)と下河辺建築設計事務所(代表取締役・下河辺隆夫)について情報提供いたします。 株式会社総和地所のマンション「ロータリーパレス取手」(茨城県取手市井野台三丁目)は当初、株式会社下河辺建築設計事務所が設計監理をしていました。しかし、耐震強度偽装事件発覚後、設計監理は有限会社アトラス設計に変更されました。これは下河辺建築設計事務所が耐震強度偽装物件「グランドステージ船橋海神」等の設計者であるため、事業継続が困難になったためと推測されます。後日、下河辺建築設計事務所... ...続きを見る
東急ハンズ東急リバブル東急不動産不信
2006/11/12 17:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アトラス設計 渡辺氏についての疑惑 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる