風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 60過ぎの男が何やってんだか

<<   作成日時 : 2006/08/19 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

まずは中国新聞の社説より

小泉純一郎首相の靖国神社参拝に揺れた終戦記念日の夕方、山形県鶴岡市の元自民党幹事長加藤紘一衆院議員(67)の実家と事務所が焼かれた。鶴岡署は、現場で割腹自殺を図ったとみられる東京都内の右翼団体構成員(65)が放火した可能性が高いと判断。けがの回復を待って事情を聴く。
 住んでいた母親(97)は散歩に出ていて無事だった。しかし、犯行には灯油など火の回りの早い油類が使われたとみられ、死傷者が出る恐れもあった。卑劣で凶悪極まりない。許しがたい犯罪だ。
 さらに問題なのは、その動機である。加藤議員は新聞やテレビ、雑誌などで再三にわたって小泉首相の靖国参拝を批判していた。一連の犯行状況からは「首相の靖国参拝批判は許さない」との陰湿なメッセージも読み取れる。自分の考えに背く者は、暴力でねじ伏せる。民主主義への重大な挑戦と言わざるを得ない。
 捜査当局は組織的な関与の有無を含め事件の全容解明を急ぐ必要がある。自由な言論がなくなった時の怖さは、日本を破滅に導いた戦前の歴史が如実に物語っている。そうした教訓を広く共有すべき日に起きた事件だけに、ないがしろにはできない。類似事件の防止にも力を注いでもらいたい。
 戦後六十一年。三百万人を超える尊い犠牲の上に築かれた民主主義の基盤を崩しかねない事件が相次いでいる。
 昨年一月には、小泉首相の靖国参拝自粛を求めた経済同友会の前代表幹事に実弾が送りつけられ、自宅が右翼団体の宣伝活動にさらされた。先月は、日本経済新聞社の東京本社の通用口に火炎瓶が投げ込まれている。昭和天皇が靖国参拝をやめた理由について、元宮内庁長官のメモを基に報道した直後だった。
 いずれも大事には至らなかったものの、軽視するわけにはいかない。ほかにも威力を誇示して異論を封じようとする行為が目立つからだ。危険な兆候といえる。
 北朝鮮のミサイル連射問題をはじめ、混迷の度を深める日中、日韓関係…。在日米軍の再編を含め、冷静な議論が求められる課題はたくさんある。針路を誤らないためにも、「言論」の自由を守り抜く決意を新たにしたい。


このニュースを聞いて驚いたのは、実行犯の年齢だった。65歳にもなってこんなアホなことやってんのか・・・。自分より2倍以上長く生きている人間が右翼団体に所属しているってだけでもびっくりしたのに・・・・。靖国参拝について賛成反対と意見を持つのは個人の自由だけど、この人はどんな人生を送っていたんだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
放火を賞賛する世の中でいいの?
先日TVでKOIZUMIの靖国参拝批判を常識的に批判していた加藤ちゃん家の火事の問題<加藤議員実家全焼>放火事件と断定 右翼団体の男が放火か  山形県鶴岡市大東町の自民党元幹事長、加藤紘一衆院議員(67)の実家と事務所が全焼& ...続きを見る
らんきーブログ
2006/08/19 08:23
ハンギョレ新聞が安倍晋三を集中研究!?(2)
お待たせしました(誰も待っていないか?)。 ハンギョレ新聞による安倍晋三特集の第二弾です。 (全部で第五弾まであるようなので、おつきあいください) ...続きを見る
薫のハムニダ日記
2006/08/21 17:49
小泉参拝、加藤放火事件から見える中韓のとらえ方の二極化&対立構造&石原発言の影響
  この何日か小泉首相の靖国参拝や加藤氏宅放火事件などに対する反応を見ていて、 大きく感じたことが二つあった。  一つは「中国、韓国に対する考え方」の差が大きくなっているということである。もう一つは、 「強さ、行動力」に対する評価や憧れのようなものが見て取れたように思えたことである。 ...続きを見る
日本がアブナイ!
2006/08/22 01:07
加藤氏宅放火事件の反応&何故、小泉・安倍氏はコメント一つ出さないのか?
15日(今週の水曜)に小泉首相が靖国参拝をし、加藤氏宅放火事件が起きたのだが、 それから4日しか経っていないのに、もう世間(TV等含む)では何事もなかったかの ような感じになっていると思えてしまうのは、私だけだろうか? ...続きを見る
日本がアブナイ!
2006/08/22 01:08
くまぇりの判決がでました!懲役何年だろう?
●当然の結果だ! ...続きを見る
グラビアアイドルファンブログ祭り
2007/04/10 19:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
60過ぎの男が何やってんだか 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる