風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 耐震強度偽装問題は収束していない

<<   作成日時 : 2006/06/10 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

総合経営研究所の内河健の警視庁などの合同捜査本部立件を止めたとかいうニュースが流れたけど、あれだけガサ入れに時間がかかったんだから証拠隠滅できる時間はたっぷりあったわけで、立件できるわけがない。総合経営研究所は事実無根だといってるけど、やましくないんならなんでHP変えたんだ?

建設でトコトン勝ち残る方法

(1) 素人の作業員でも出来る型枠 A工法
(2) 従来コストを1/3にする型枠 P工法
(3) 11階建ての躯体を2ヶ月で打ち上げる P工法
(4) RCのテラスハウスを僅か26日で完成する O工法


これをHPで自慢げに披露してたのはどこの会社でしたっけ?建設でトコトン勝ち残る方法っていう総合経営研究所の以前のHPに書かれていたものなんだけど、やましいことがないのなら、なんでこれを削除したのかなあ?????

ところで、アパホテルっていうのを知ってるだろうか?CMを見たことがあると思うけど、そのアパホテルを経営するアパグループの社長夫婦が主宰する「ワインの会」に、統一協会の合同結婚式に祝電を送った安倍晋三、吉村文吾・安晋会会長、杉山敏隆・安晋会代表幹事と雑誌で一緒の写真が存在しているくらいズブズブの関係だけど、そのアパグループの分譲マンションの工事が中止となったのだ。

 全国でマンション・ホテル事業を展開する「アパグループ」(東京都港区)が、埼玉県鶴ケ島市に建築中の分譲マンションの構造計算書の内容に疑問があるとして、工事を中断していることが分かった。構造計算した富山市の一級建築士は埼玉県の事情聴取に対し、「作業が間に合わず未完成の構造計算書を出した」と説明したという。県は国土交通省に報告した上で、6月19日までに正しい構造計算書の提出を求めている。

 同マンションは15階建ての複数棟で総戸数は369戸。現在は4〜5階までで工事が中断している。2月末、建築確認を出した民間確認検査機関・イーホームズ(5月に指定取り消し)の関係者が県に「疑義がある」と連絡。その後の調べで構造図と意匠図の食い違いなどが明らかになった。アパグループの元谷外志雄代表は「契約者には誠意を持って対応する」と話している。

 この問題に関しては千葉県も1日、同県成田市で建設中の分譲マンション(130戸)について工事を停止させる行政指導をしたと発表した。 このマンションも同じ建築士が構造計算を手がけたが、イーホームズ側から「計算書の値で不整合がある」と報告され、3月に工事を停止した。県によると、偽造は確認されていないが、必要鉄筋量が不足している恐れがあるという。

毎日新聞 2006年6月1日 20時36分


このマンションを視察に行った馬淵澄夫民主党議員はブログでこんなことを書いている。

今年の2月17日に確認検査を行っていたイーホームズが、当
該物件について「不整合」の「疑義」を認知し、特定行政庁の埼玉県に報告したのは2月28日。そして3月3日には国交省にもイーホームズから連絡が行っている。
その後、埼玉県から国交省に報告がなされたのが3月20日。
国交省は、県に調査・報告を指示している。
そして、その後はこの報道につながるマスコミの取材まで一切、特定行政庁と国交省のやり取りはない。

一方、建築主は3月8日に一報を受けて、即日工事中止を指示したとHPで発表しているが、その事実は確認されておらず、結果として工事中止がなされたのは3月17日に埼玉県からの口頭の指導を受けてからの20日であった。

そして、その後も購入者、契約者には一切知らされず、皆がおかしーなー???、とボチボチ口にしだしたのが4月の後半。

それでも、国交省も特定行政庁も建築主も設計会社も何一つ契約者、購入者には伝えないまま。

これって、ヒューザーの事例が明らかになった時とどう違うの!?。

まったく、同じじゃぁないか!!!

改まってない。どころか耐震偽装事件が収束に向かうということでか、知らん振りを決め込んでいるように見えて仕方がない。

そして役所ではマスコミの取材と「議員が動いている(俺だろ!、俺!)」と言って、大騒ぎになった(らしい)。

何なんだ!。


あれほど大騒ぎになったのに、全く反省のない国土交通省。一番問題なのは施工主とかじゃなくって国土交通省じゃないの?それにしても安倍晋三って、疑惑の総合商社だな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アパ株式会社「アップルガーデン若葉駅前」
2005年10月7日……アパ物件がおかしいとのたれ込みあり。 10月24日……国土交通省によるイーホームズの立ち入り検査。この時、2物件が調査されたが、その一つがアップルガーデン若葉駅前であった。 2006年2月17日……イーホームズが疑惑を認める。不整合の疑義を認知。 2月28日……イーホームズが特定行政庁の埼玉県に連絡。 3月3日……イーホームズが偽造の件を国土交通省に連絡。国土交通省は問題を放置し、特定行政庁に報告してくれと、たらい回し。 3月17日……埼玉県が、イーホームズなど... ...続きを見る
東急リバブル東急不動産被害者の会
2006/07/22 11:47
アパホテル耐震偽装 まだまだ氷山の一角!
アパホテルまで!!! 京都の2ホテル「アパホテル京都駅堀川通」と「アパヴィラホテ... ...続きを見る
ミィの「今日の気になる話題」
2007/01/26 23:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
耐震強度偽装問題は収束していない 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる