風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS グローバルトリニティーに消費者支援機構関西が申し入れ書を提出

<<   作成日時 : 2006/06/11 19:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

このブログでは、大学生をターゲットにした資格学校「グローバルトリニティー」の悪質な勧誘について触れたりしている。グローバルトリニティーに限らず、大学生向けの資格学校はそもそもブリタニカ商法の営業部隊が移籍した会社なんだから、勧誘が悪質なのは当然なんだけど、彼らが「勧誘方法が悪質だ」と思っていないからこそ、かれこれ10年以上もこんな悪質な勧誘を行ってきたわけだ。グローバルトリニティーの前身である「トリニティーアカデミー」からずっと悪質な勧誘をしてたけれど、行政処分とか何も表立った動きがなかった。しかし、今年の5月24日に、特定非営利活動法人 消費者支援機構関西がグローバルアカデミーを経営する株式会社FORTRESS,JAPANに対して、申し入れを行ったと発表した。

消費者支援機構関西からFORTRESS,JAPANへの質問

1 貴社が現在使用している「契約書約款」について,改訂の予定があるかどうか。ある場合,その予定している時期及び改訂の内容。
2 貴社の勧誘行為又は契約書約款の記載事項について,顧客から寄せられている苦情をどの程度把握しているか。また,苦情への対応策として,現在どのようなものを検討しているか。
3 貴社の勧誘行為に関する社員への教育,指導はどのようになされているか。
4 貴社の勧誘行為に関するマニュアルがあるかどうか。ある場合,その内容。
5 貴社に関する相談事例の中で,「就職アンケートと称して学生に連絡先を記載させた上で,その連絡先に架電を繰り返し,来訪した学生が『他と相談したい。親と相談したい。』などと言って退去の意思を見せたにもかかわらず,貴社従業員は『決心が鈍る。親は絶対に反対するから,親に話しても仕方がない。』などと申し述べてこれを引き止めた」という事例が報告されている。そのような勧誘行為についての貴社の見解はどうか。また,前項で質問した勧誘行為に関するマニュアルがある場合,そのような勧誘はマニュアルに反していないか。


これに対して、FORTRESS,JAPANは何の回答もなかったため、消費者支援機構関西はFORTRESS,JAPANに対して申し入れ書を提出した。

1 貴社の営む英会話及びパソコン教室「トリニティー」の契約書につき,以下のとおり改めるよう求める。
(1)役務についての中途解約及びこれに伴う精算条項について,以下のような条項に改めるよう求める。
- 2 -
@ 契約書第10条(3)のいわゆる「みなし提供」規定を削除する。
A 同第11条A(1)A2の「提供済対価」については,当該受講者が実際に提供を受けた役務に基づき,当該受講者が実際に受講したカウント数×1カウントあたりの対価とする。
(2)関連商品についての中途解約及びこれに伴う精算条項について,以下のような条項に改めるよう求める。
@ 関連商品の中途解約に伴う精算について,商品の一部につき返還されない場合の公正な精算方法を定める。
A 関連商品が返還された場合の精算について,商品の通常の使用料に相当する額を控除額の上限とするように改めるよう求める。
(3)契約書第10条(1)の,中途解約を書面に限る規定を削除する。
(4)契約書第10条(4)の解約制限の規定を削除する。
(5)契約書第15条の合意管轄裁判所の規定を削除する。
(6)貴社約款の全体の規定の仕方,とりわけ中途解約時の精算方法について,内容を明確かつ平易なものに改めるよう求める。
2 貴社が受講者を勧誘するに際し以下の行為を実施することを直ちに中止されるよう求める。
(1)勧誘目的を隠匿してアンケートその他の方法によって個人情報を取得し,その個人情報につき,受講者勧誘目的で用いること
(2)営業所等において,被勧誘者が退去したい意思を表明したのにもかかわらずこれを妨害すること
(3)次に掲げる行為を行うこと
@ 営業所等において長時間にわたり勧誘行為をすること
A 被勧誘者が拒絶の意思を表明しているのにもかかわらず電話等で再勧誘を行うこと
B その他,契約の締結について,被勧誘者が迷惑を覚えるような仕方で勧誘すること


消費者支援機構関西っていうのは、関西地域の7府県の消費者団体や消費者問題に取り組む個人によって構成され,平成17年12月3日に結成された消費者団体で、消費生活センター内にある。つまり、消費者センターに相談に行った人たちがたくさんいたから、消費者支援機構関西が動いてくれたて、このような改善書を提出したわけだ。だから、この学校に限らず嫌な勧誘を受けたり、勧誘員から暴言を吐かれたりした場合は泣き寝入りせず最寄の消費者センターに素直に話してほしい。大学生時代、消費者センターなんていう存在を知らなかったから行かなかったけれど、存在を知っていたなら絶対消費者センターに行って勧誘員から吐かれた暴言の数々を話したんだけど、もう年月がたったし、ブログで公表すればいい。それにしても、学校名だけじゃなくって運営会社も名前を変えていたのにはさすがに驚いた。今の運営会社はFORTRESS,JAPANっていうけれど、前の名前はバイテックスだった。運営会社名が変わっても、学校名が変わっても悪質な勧誘を繰り返すんだから、名前を変えたって会社が変わるわけではないわけだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
悪徳商法など高齢者被害防止
高齢者を狙う訪販商品、やはり、電器治療器具や健康食品、布団などのが多いようです。「健康で長生きしましょう」を逆手にとった営業をしています。 ...続きを見る
悪徳訪販ニュース
2007/09/24 18:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
グローバルトリニティーに消費者支援機構関西が申し入れ書を提出 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる