風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪質商法で困ったら、消費者センターを活用しよう

<<   作成日時 : 2006/05/21 02:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

アクセスログを見て気づいたことなんだけど、この「風に吹かれて」のブログ、耐震強度偽装問題に関するキーワードで検索して見てくれている人が非常に多い。また、「きっこの日記」の作者の名前を調べようとしてここのブログを見る人もいるらしい。ブログを見てくれるのはうれしいけど、そんなことに興味があるくらいならもっと建設的なこと調べたらどうなの?

そんな中で、最近急上昇しているのが、「グローバルトリニティー」という大学生向けの資格スクールだ。Yahooで検索するとかなり上位に来る。「グローバルトリニティー」で検索してこのブログを見てくれた人たちって大学生なんだろう。トリニティーアカデミーで検索すると嫌というほど悪質な勧誘の話が出てくるけど、グローバルトリニティーという名前がまだそれほど知られてないから、あまり出てこない。だけど、今のような勧誘方法を続けているならそのうち「グローバルトリニティー」についての記事が増えることになるだろう。

ちなみにウェブリブログには、グローバルトリニティー大阪校のブログがある。そのうちグローバルトリニティーの関係者が見ることになるだろうからあらかじめ言っておくけど、別に通っている大学生たちに文句を言うつもりはないし、受講料やカリキュラムが気に入っているならそれは全く問題のないことだ。

ただし、興味があって見学したけど金額が高すぎて帰りたがっているのに何時間も監禁したり、クレジットが高いと言ったら「高田馬場近辺には安い学生ローンがある」とか経済力のない大学生に言ったり、「月2万円のローンが払えないなんてそれは君の甘えだ」とか、「親がクレジットを承認してくれないのは君のことを信用していないからだ」とか、それが嫌だといったら「何を甘えとるんや!」などと大声で怒鳴ったりすることは賛同できない。ちなみにこれらのことは実際に大学生時代にトリニティーアカデミーの男性(H川さん)という方に恐喝された体験があり、このブログや記事がなくなったとしても、それは自分の記憶の中に永遠に残っているということだけは言っておこう。そもそも金額が高いという理由で断るのは非常に賢明なことであり、それを「君はお金を払う自信がない、それはだめ人間ではないのか」みたいなことを勧誘員の人に言われる筋合いはない。

あと、嫌がって電話を切ったのにリダイヤルしてなんとかして呼び出そうとしたり、それとなく断っているのに無理やり説明会に来させようとするなどの態度も感心しない。BBSやらブログに書かれるのが嫌なら勧誘態度を改めればいいだけの話である。BBSやらブログを無理やり消そうとする態度を取るようならば、逆に「うちの会社は悪質だ」と認めているようなものであり、ヤクザの恐喝となんら変わりない。

とはいっても、こういう悪質な勧誘をする会社なんてグローバルトリニティーだけではない。シロアリ消毒の某会社(そのうちブログに書くけど実名は伏せておく)だとか、コスモメディアインターナショナルだとか、どっかの宝石会社だとかいっぱいある。とにかくきりがない。そこで登場するのが「消費者センター」である。

「カリキュラムが気に入らない」「受講料が払えない」と思ったから解約を申し出たら「解約できない」という事を言われた場合、説明会を予約していたけど取り消したい場合、クーリングオフしたい場合などは素直に消費者センターに行ったほうがいい。中途解約は可能であり、払えなくなったからといって親に払わせる必要はない。消費者センターは大体の市町村にある。ここでは、直接会社と解約の交渉をしたり、クーリングオフの書面の書き方を詳しく説明してくれる。それだけではない。ここで具体的な会社の悪質な勧誘事象を話しておけば、それがデータベースに蓄積され、これが行政処分の引き金になる可能性だってある。ただし、消費者センターの相談員に「ここの会社は悪質ですか?」と聞いても消費者センターは第三者の立場なのでそういうことは回答してくれないから注意してほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クーリングオフの返還額
最近、話題になったのが英会話スクールのnovaですね。何が話題になったかというと、解約時のトラブルなんです。通常、novaでは、授業を受けるために事前にポイントを購入して、受講するシステムになっています。そして講座をもう受講しないので解約するといった時に、未受講分のポイントがあれば返還しなければならないのですが、そのままのポイントを返還すれば問題にならなかったのが、実際に支払った金額より少なく返還していたことでトラブルとなっていました。消費者センターに寄せられた語学学校などに... ...続きを見る
クーリングオフ@情報バンク
2007/04/13 23:32
クーリングオフできずに泣き寝入り?
悪質商法被害が相次いでいることから、クーリングオフ制度の対象の拡大が検討されています。あなたは、これまでクーリングオフができずに泣き寝入りしたことがありますか?泣き寝入りした例として「マッサージ器」「英会話」「宝石」「布団」「エステ」「ステレオ... ...続きを見る
マークXツィーオ(mark x zio)...
2007/07/26 13:37
クーリングオフ
クーリングオフとは、一定期間、無条件で申込みの撤回または契約を解除できる法制度をさします。法律の... ...続きを見る
悪徳商法・詐欺の基礎知識
2007/09/26 22:23
トリニティアカデミー改めグローバルトリニティー
今日知ったことなんだけど、大学生をターゲットにした資格スクール「トリニティアカデミー」が、「グローバルトリニティー」に名称を変えていた。前身のトリニティアカデミーは、パソコン、英会話、ワープロの3つの資格を取得できるといううたい文句ではじめた学校で、東京をはじめ、大阪、名古屋、福岡、札幌、岡山、熊本などにも展開していたが、勧誘方法と高額な料金のため、学生の間では大変悪名高い学校だった。 実は大学1年生のときに、この「グローバルトリニティ」の前身である「トリニティアカデミー」から勧誘を受け... ...続きを見る
風に吹かれて
2008/03/02 00:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
悪質商法で困ったら、消費者センターを活用しよう 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる