風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS まずい!アメリカ産牛肉輸入決定しそうだぞ

<<   作成日時 : 2006/03/30 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

これはまずいことになった。朝日新聞の記事。

米国産牛肉の輸入再開問題をめぐる日米両政府の専門家会合が29日、2日間の日程を終えた。日本側は、米国の二つの牛肉処理施設で危険部位である背骨が牛肉に混入したのは、2施設の対応の不備という個別の理由によるもので、検査態勢そのものには問題がないという米国側の主張に一定の理解を示した。危険部位の混入原因で日米政府の認識がおおむね一致したため、両政府は輸入再開に向けた具体的な手続きに入る。
 今後の手続きとしては、米国内の牛肉処理施設に対する監査のほか、日本国内では消費者への説明などが焦点になる。日本政府は国内世論の動きや米国の追加対策の中身などを見極め、順調に行けば6月に予定される日米首脳会談前に輸入再開を決断する公算が大きい。
 日本政府が昨年12月に再開したばかりの米国産牛肉の輸入を1月20日に再び停止したのは、牛海綿状脳症(BSE)対策で除去が義務づけられている背骨の混入が見つかったため。日本側は米国の検査態勢そのものを問題視してきた。
 今回の会合でも米側は、背骨混入は問題の2施設の「特異的な事例」という従来の主張を改めて強調した。日本側は(1)2施設と同じ地域には他に輸出施設がなく、情報が伝わりにくかった(2)米農務省の検査官が研修を受けていなかった、などの点を踏まえて「他の施設に比べてかなり違った背景があった」(釘田博文・農水省動物衛生課長)と認めた。
 ずさんな施設に日本向けの輸出を認可した米政府の判断も「当時の認定手続きに問題はなかった」(道野英司・厚生労働省輸入食品安全対策室長)と理解を示した。


結局、アメリカの圧力に負けたんだな。このブログで何かできるかを考えて、前回のような外食産業やスーパーなどに調査して結果を公表することを考えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『サイエンティフィック・ブラックホール、狂牛病「プリオン」原因説の謎にせまる』(3)
≦学研究論文、『サイエンティフィック・ブラックホール、狂牛病「プリオン」原因説の謎にせまる』(3)  崎谷研究員 2006.03.20  SNSI研究員の崎谷博征です。2005年3月20日です。前回に引き続いて、『サイエンティフィック・ブラックホール、狂.. ...続きを見る
らくちんランプ
2006/03/31 15:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
まずい!アメリカ産牛肉輸入決定しそうだぞ 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる