風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アメリカ産牛肉のBSEレポートをを武部勤が握りつぶした」と週刊現代が報じる

<<   作成日時 : 2006/03/24 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

肥大なるイエスブタ武部が、偽メール事件で被害者面して民主党をボロボロにしたあげく自伝本を国会議員会館の売店で発売し、千葉の衆議院議員補欠選挙も自民党が勝ちそうなので大変ご満悦の様子だが、ここへきて週刊誌がなぜか肥大なるイエスブタを叩き始めた。インパクトがあるのが週刊現代のこの記事。
民主党は確かにボロを出したし、あれはマヌケとしかいいようのないお粗末ぶりだった。しかし、自民党が耐震強度偽装問題やBSE問題、野口氏怪死事件にぜんぜんやる気がないこととは対照的に、これらの問題に真剣に取り組んでいる議員がいることも確かである。先日は週刊プレイボーイに民主党の視察団を取り上げたけど、その視察をした山田正彦衆議院議員が、週刊現代でこう激白しているのだ。
「アメリカ産の非加熱製剤が日本のエイズ(HIV)の感染の原因となっていることが指摘されていましたが、同様の指摘がアメリカ産牛肉問題でもなされていたにも関わらず握りつぶしてしまったのは農水相時代の武部氏だ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プリオン専門調査会の委員6人はなぜ辞任したのか
プリオン調、委員の半数が辞任「牛肉輸入再開に責任」 ...続きを見る
zaraの当方見聞録
2006/04/14 16:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「アメリカ産牛肉のBSEレポートをを武部勤が握りつぶした」と週刊現代が報じる 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる