風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS オジャマモン 今度は週刊朝日に創価学会員だった過去などを激白

<<   作成日時 : 2006/03/23 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

月曜日、ゲンダイネットを見ていたらこんなものが。

ヒューザーの小嶋進社長(52)がヤケのヤンパチになったのか、「公明党区議の娘に2000万円援助した」と告白した。「週刊朝日」最新号のスクープ記事で、かねてからウワサだった公明党との関係を洗いざらい語っている。この公明党区議とは、大田区で6期連続当選している有川康夫議員(62)。小嶋社長は、その娘さんが海外で音楽の勉強をするための資金として2000万円を援助。さらに、学会員だった過去も暴露した……。 


火曜日は図書館に行ったので、週刊朝日の記事を読んできた。内容はゲンダイネットの記事のとおりなんだけれど、創価学会員については25から26歳にかけて結婚しようと思っていた彼女が熱心な創価学会員で結婚するために入信したそうだ。見出しの割にはあまり大した記事ではない。質疑者は宮崎学で、ヒューザーの社員に創価大学出身者が2人いるが別に優先的に採用していたわけではないことや、自民党の議員より公明党の議員のほうが耳を傾けてくれるとかすぐ動いてくれるとかそんな内容だった。有川康夫議員に援助したのは不動産業界のイメージアップのためにやったと言っている。ただ、公明党の議員をやけに持ち上げているところを見るともしかすると別の議員ともつながりがあったのかもしれない。

オジャマモンと言えば、町田の宗男くんと親密な仲なんだけれど、本日こんな日経新聞の記事でこんなものがある。

ヒューザー社員、伊藤元長官の衆院選挙活動を手伝い
 耐震強度偽装事件で、強度不足が指摘された分譲マンションの販売会社ヒューザー(東京・大田、破産手続き中)の複数の社員が昨年の衆院選で、自民党の伊藤公介元国土庁長官の選挙活動を手伝っていたことが21日わかった。
 元社員らは「社命だった」などと証言。社として選挙を支援していた可能性もあり、同社と伊藤元長官との親密な関係を改めて伺わせるものといえそうだ。


それにしても、オジャマモンは週刊誌にはベラベラしゃべるんだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
オジャマモン 今度は週刊朝日に創価学会員だった過去などを激白 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる