風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS ホリエモンの側近の怪死 週刊文春2006年2月2日号より

<<   作成日時 : 2006/01/30 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いろいろばたばたしてしまい、結局今日この記事を書くことになった。いろいろなブログでこの話は取り上げられているから知っているだろうけど、ホリエモンの側近野口英昭氏の死を取り上げている。

内容は沖縄県警はすぐに「自殺」と断定し捜査を打ち切ったけど、不自然な点が極めて多いこと,、東京地検では事情聴取をすることはあっても逮捕する予定はなかったらしい。また、死亡していた姿の不自然さはだけでなく、普段着ないサッカーシャツなどの遺留品、偽名で飛行機に乗ったり、ホテルにチェックインするときの住所が「福岡市八女」というこれまた実在しない住所かつ「八女」はホリエモンの出身地である。
週刊文春によると、地元の組関係者が実行犯ではないかと報じている。また、野口氏は投資事業組合にライブドアが出資していることをよく知る人物。ライブドアの投資事業組合にはロイヤル信販(消費者金融)と関係のあるアングラ・マネーが入っていたそうだ。ここいらへんは広域なんとか団が関与しているらしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ホリエモンの側近の怪死 週刊文春2006年2月2日号より 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる