風に吹かれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 渡辺具能はやっぱり渡辺愚能だった

<<   作成日時 : 2005/12/16 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

おととい、Yahooの掲示板で証人喚問の質問をする自民党と公明党の議員に非難が集中していた。だって彼らが証人喚問に本気なわけがない。公明党の北側大臣が必死に火消ししようとしているし、森派にとってもまずいことがたくさんあるからだ。そもそも小泉首相がこれほど世論の関心があるのに全く無関心で能天気である。ていうより、もう小泉純一郎の本性なんてもう嫌というほど思い知ったかと思うんだけど、まだ「改革を止めるな」なんてフレーズを信じている人がどのくらいいるんだろうか。小泉純一郎ヨイショ本を出した伊藤公介なんてのは、ヒューザーとの関係などを指摘されてるっていうのに。
そのなかで特に大非難を浴びたのが渡辺具能(わたなべもとよし)議員であった。この議員、今回の件ではじめて知ったんだが、姉歯元建築士に証言をさせる証人喚問なのに、30分以上自分のスピーチをして、その内容に自画自賛するというとんでもない勘違いナルシストだった。いったいこの男を選択した理由は何だったのか。キャスティングミスである。というより、自民党にこの「耐震偽装問題」に全くやる気がない証拠である。渡辺具能の売名行為にしか見えない。
それで本人は反省しているかというと、全然そんなことはなく、毎日新聞12月16日の記事で、「証人喚問は事件を解明し、対応策に反映させるためのもの。面白おかしく劇場風になるべきでない」とコメントしたとある。
やっぱり渡辺愚能という名前のほうが似合ってるかと・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
渡辺具能はやっぱり渡辺愚能だった 風に吹かれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる